セラミック治療とは

歯の状況によっては、白くできないこともあります。芯まで黒ずんでしまった場合には、表面を磨く程度では対処できません。そこで、セラミック治療と呼ばれる方法があります。ホワイトニングの延長として使われることもありますが、歯の表面を削り取りセラミックのパーツを貼り付けます。

完全にかぶせる方法もありますし、一部分だけを取り付ける方法もあり、状況によって変えることができるのです。見た目を変えることができるため、非常に美しい仕上がりになるのが特徴といえるでしょう。

セラミック治療も、セラミック製のものだけではありません。金属を芯材とした歯をかぶせることもできます。セラミックは衝撃に弱く、割れやすいのが問題点として挙げられます。ところが、金属を使うことができれば、この欠点をカバーすることができるのです。長く持たせることができるため、金属アレルギーがなければ、最良の方法となるでしょう。

前歯だけしかできませんが、さらに薄いセラミックを使い、歯の隙間まで美しくする方法もあります。強い負担がかかれば割れてしまいますのでできませんが、前歯であれば可能です。薄く作りますので、歯に掛ける負担が少ないのが特徴で、歯並びまで美しく見せることができる方法となっています。